伝統を受け継いだ技

我社は、海・山・里に囲まれた自然豊かな北上町(現・石巻市)を中心に、木の特性に合わせた「木づかい」のできる職人達が伝統の技術を駆使して地域の住宅から寺院・茶室などまで手掛けてきました。師匠から弟子へと受け継がれてきた伝統ある「技」を基本ベースに創業時より一貫して、在来工法を守り続けています。

四季折々の変化を楽しむ武山住宅の家

日本の家屋には四季折々の風情を楽しむ美意識が息づいています。 武山住宅は、その伝統を受け継いで家をつくり上げます。夏は涼しく、冬は暖かく、空気は軽く爽やかにの考えの基、「石」と「木」と「土」自然の中にあるものだけで造られてきた昔ながらの家に可能な限り近づける事によって出来上がった住まいは、身体に不要なものなどない「健康住宅」。
そんなシックハウスなどとは無縁の住宅づくりを進めています。